導入事例

日本サード・パーティ株式会社担当者様

日本サード・パーティ株式会社

「集合教育からeラーニングで3週間の業務を1時間へ」

※写真左:須貝様 写真中央:深津様 写真右:梅本様

SecuoNEO導入前にどのような課題がありましたか?

課題について

全社員へのセキュリティ教育実施に膨大な時間とコストがかかることが課題でした。

導入前は、品質管理室の担当者が北海道から福岡までの複数拠点に対して、
集合教育と試験を実施していました。

当然、当日参加できない社員もいますので、
各拠点のマネージャに協力をいただき、全社員への教育を徹底していましたが、
その進捗管理にも大変手間がかかっていました。

SecuoNEOを導入することでどのような効果がありましたか?

  • 導入効果について
  • 導入効果について2

まず、教育にかかっていた時間とコストを大幅に削減できました。

SecuoNEOを使ってオンライン教育を行うことで、集合教育にかかっていた時間を
短縮。また、試験結果もタイムリーに確認できるため、進捗確認、集計などの管理業務に3週間ほど掛かっていたものが、1時間足らずで出来るようになり、管理コストが激減しました。

次に、効果的な教育が行えたことが挙げられます。

弊社は、事業内容が多岐に渡っており、業務毎に必要なセキュリティレベル、知識が異なります。
全社員統一のセキュリティルールに加え、SecuoNEOの搭載教材からマネージャが自部門に必要な教材を抽出し、学習することによって、より現場に添った教育を実施することができました。
また、SecuoNEOを利用して、各部門毎に結果データを分析することによって、理解度の低い分野へのフォローアップができるようになりました。

セキュリティ教育への想いを教えてください。

今後の期待について

弊社のセキュリティは、強固なセキュリティシステムでも、厳しいルールでもなく、
社員一人一人のマインド(心の中にいるもう一人の自分)によって保たれています。

言い換えれば、社員一人一人に最適な教育を実施し、個人のセキュリティに対する
マインドを高めれば、必要最低限のセキュリティシステムの導入と、最低限のルールで最大限の効果が得られます。

セキュリティは、守るべきもの、守って当然のものです。
今後も、高いセキュリティマインドを保てるよう、効果的な教育を実施して参ります。

会社概要

  • 会社について
  • 会社について

・会社名
  日本サード・パーティ株式会社

・本社所在地
  〒140-0001 東京都品川区北品川4-7-35 御殿山トラストタワー

・設立
  1987年10月31日

・従業員数
  365名(平成28年3月31日現在)

・事業内容
   ITアウトソーシングソリューション事業(インテグレーション、ヘルプデスク、
   システム開発)
   IT人材育成事業(トレーニング、GAIT開発・販売)
   ライフサイエンス事業(医療機器・化学分析機器サポート)
   ロボティクス事業(ロボット販売、アプリケーション開発)
   デジタルマーケティング事業(コンサルティング、プロダクト販売) 

・URL
  https://www.jtp.co.jp/