年間利用料半額でご提供!詳しくはこちら

Pマーク研修

Pマーク(プライバシーマーク)教育の重要性

適切な個人情報の取り扱いを目的としたPマークは、更新までに1年に1回、従業員への教育を行わなければなりません。
また、理解度の確認のため、客観的に判別できるようなテストを実施する必要がございます。

2年に1回ある更新審査においては、定期教育が行われているかの確認がされ、
その証として、過去2年分の教育テキストと受講者リストがあるかどうかを確認されます。

Pマークを維持していくということは、その会社が個人情報の取り扱いをしっかりと行っているという証明になるため、
多くの企業が権利をはく奪されないようにさまざまな対策をとっております。

そのためにも、セキュリティ管理者のみならず、全従業員をしっかりと教育しなければなりません。

Secuo NEOを使うメリット

Pマークの教育は、条件を満たしていれば何を行ってもよいため、
教育を従業員に行うといってもほとんどの会社では何をしたらよいかわからないといったケースが多いようです。

そのため、

  • 自社で教材を用意し、テストを実施する。
  • 1年に1回、外部講師を利用して集団研修を行う。

このように時間とコストをかけて実施することがほとんどです。

Secuo NEOの「Pマーク研修」では、セキュリティコンサルタント企業監修のPマーク専用の講習テキストを利用しており、
従業員のPマークに関する教育に必要な内容を網羅した講習とテストを準備しております。

学習イメージ

Pマーク学習イメージ

学習範囲も、Pマークを維持していくために、従業員が注意すべき点や教育担当者が
何を行っているのかといったところまでを網羅しており、また、参考事例を用いることで、
より理解しやすい講習内容となっております。

テスト結果も、管理者画面の「テスト結果一覧」を利用しPDF形式で出力できるため、
Pマーク更新時の提出資料としても活用できます。

このように、Pマークに準拠した従業員の教育に役立つだけでなく、Pマークの更新作業も考慮した利用ができるのです。