年間利用料半額でご提供!詳しくはこちら

情報セキュリティ研修

情報セキュリティに関する教育の重要性

近年、世界的に情報化社会が進んでいるため、セキュリティに関する事故が多発しております。

事故を起こすのは、入社したての新人社員というわけではなく、年齢・職歴関係ありません。

セキュリティ事故に対する被害は、会社のみでなく消費者や協力会社にまで被害が及ぶことがあるため、 ブランドイメージの低下や長期的な売り上げの減少といったことだけでなく、
関係者の情報に対する被害(紛失や漏えいなど)により、損害賠償が発生したりと、
最悪会社の倒産にまで追い込まれてしまうのです。

事故の原因は、重要資料の管理ミスや資料の紛失といった内的要因と
重要資料の盗難や自社サーバーへの攻撃といった外的要因に分けられます。

これらの原因は、従業員の一人ひとりがセキュリティについての知識を持って正確に対処すれば、
被害の拡大を防ぐことができますし、被害そのものを失くすことができるのです。

Secuo NEOを使うメリット

Secuo NEOでは以下の項目に分けて情報セキュリティについての学習が行えます。

  • 情報セキュリティ入門【概要編】
    情報セキュリティについて学ぶ目的、事故の要因、脅威の種類など最低限知っておく必要のある基礎知識を学習します。
  • 情報セキュリティ入門【事例編】
    実際に発生した事故事例を通して、セキュリティ事故がどのように起きているのかをその対策とあわせて学習します。
  • 情報セキュリティ【情報セキュリティとは何か/ウィルスの脅威】
    情報資産を扱う上でどのような脅威と直面するのか、またそれらに対してどのように対処していくべきなのかを学習します。
  • 情報セキュリティ【インターネットの危険/情報流出について】
    サイバー攻撃やワンクリック詐欺などの外的要因による脅威の危険性を、それらの対処方法とあわせて学習します。

このように入門編と実用編に項目を分け、段階的に研修を進めることで効果的に知識を蓄えることができます。
また、最新の事故事例を参考にすることで、より具体的な学習ができるのです。